トップ  >  製品カテゴリー  >  ダイニングテーブル 四角形  > けやきダイニングテーブル2215(船橋市I様)

ダイニングテーブル 四角形

けやきダイニングテーブル2215(船橋市I様)

2020年 7月19日

2020.7.9-1.jpg

けやきダイニング2215

★ w 2215 d 900~840 h 700 t=38

★ オイルウレタン仕上げ

★ オプション ちょこっと棚 D=200

2020.7.9-2.JPGI様からテーブルのご依頼頂いたのは

ちょうど一年前のことでした。

ご縁を頂きこちらのけやきの木で

テーブルをご提案させて頂きました。

2020.7.9-3.jpg木の素性を見極めながら慎重に木取をします。

2020.7.9-4.jpg先程の二枚の板がなんということでしょう~♪

見事な三枚剥ぎの天板に仕上がってゆきます。

2020.7.9-5.jpgこちらの天板はw2215ととても大きな天板です。

実はこのサイズはベルトサンダーに入らないので

こうして木地研磨をしています。

2020.7.9-6.jpg天板の裏側に反り止め用の溝を加工します。

2020.7.9-7.jpg吸い付きアリザン用の部材をつくり

2020.7.9-8.jpgテーパーをつけた溝に叩き込んでゆきます。

これがいわゆる天板が呼吸をしながら

反りをとめる工法なのです。

2020.7.9-10.jpgそしてこちらは足の部分になります。

こんな風に木組みで組むように部材を加工します。

2020.7.9-9.jpg脚の部分は特に強度が必要ですね!

こんな風に二枚ほぞ組で

しっかりと木組みで接着します。

2020.7.9-11.jpg出来上がるとこんな感じです!

2020.7.9-12.jpg2020.7.9-14.jpg脚といえどもデザインをします。

滑らかなラインを取り入れました。

2020.7.9-13.jpg奥行200のちょこっと棚が付いています。

これ本当に便利なんです。

私はリモコンやティシュボックス、新聞を

この棚にのせてます。

やっぱりテーブルの上はすっきりしたいですもんね!

2020.7.9-15.jpg三枚剥ぎに見えない

まるで一枚板のような天板です。

2020.7.9-17.jpg自然のサインも残しましたよ~。

アートです。

2020.7.9-16.jpgこうしてまた一つ大谷家具からテーブルが旅立ちました。

納品の際に初めて伺ったのですが

一見で「おぉっ。このテーブルで良かった!」と

直感で感じました。不思議ですね。

I様 有難うございました。

Copyright(c) Otani Furniture Manufactory. All Rights Reserved.